« のうえんDAY(2022年9月) | トップページ | 内田未来楽校たより第111号発行 »

2022年8月29日 (月)

成果をつなげる

28日午後、旧内田小学校体育館に

内田地区住民などが集まり

東京藝術大学中村政人研究室

4人の学生が作成した映像作品

Ichihara REC/イチハラレック‗旧内田小学校編

を視聴しました。

Dsc_0038_20220829062401

この映像会は、閉校した内田小学校の利活用に向けて

同大学副学長中村政人さんの研究室4人の学生が

23日のキックオフミーティングを経て

Dsc_0025_20220829062701

内田地区内歴史、風景、人と触れ

Dsc_0036_20220829062901

学生目線でその魅力などを発見し

映像作品にまとめたものです。

学生は旧内田小学校環境整備委員会をはじめ

多くの方からサポートを受けて創作活動し

稲刈りをしている田んぼで稲刈り体験もしていました。

Dsc_0015_20220829062901

上映会は学生毎に自己紹介と作品発表

続いて感想・意見交換を行うものでした。

Dsc_0052_20220829062401

Dsc_0050_20220829062601

映像は若い学生が感じた内田を

音・コメントなど入れて

地元住民が何気なく見ていた風景など

表現したもので

あらためて内田の未来を考える機会になりました。

上映会最後に集まった皆さんと中村教授と研究室の学生

一同で集合写真を撮影し終了しました。

Dsc_0063_20220829062501

この上映会の成果は

旧内田小学校活用と内田地区の未来

市原のまちづくりにつながる一歩に

なったのではないでしょうか。

 

 

 

|

« のうえんDAY(2022年9月) | トップページ | 内田未来楽校たより第111号発行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« のうえんDAY(2022年9月) | トップページ | 内田未来楽校たより第111号発行 »