« 草取り続く! | トップページ | ハンマーナイフの整備 »

2020年9月12日 (土)

考えました!

 内田未来楽校で干していた古代米

脱穀しなければと、

でも足踏み脱穀機はなかなか手に入らず

どうしたら効率良く脱穀できるか考えました。

ご近所のおばあさんのお話だと

孟宗竹を利用して穂をそいだとも言ってましたが

昔みたいな千歯こきのような物はないかと考えて

思いついたのが草を削る道具

Dsc_0002_20200912143401

ギザギザの歯になっているので

歯を穂に当ててしごいてみました。

Dsc_0003_20200912143501

これがけっこう便利

穂から籾がうまくとれて行きます。

Dsc_0004_20200912143401

足踏み脱穀機に比べて時間はかかりますが

コツコツと作業して脱穀は終了。

Dsc_0008_20200912143401

穂のままの物もあるので

天日干ししながら調整していくことにしました。

うまく脱穀出来て良かったです!

|

« 草取り続く! | トップページ | ハンマーナイフの整備 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 草取り続く! | トップページ | ハンマーナイフの整備 »