« 内田未来楽校たより第88号 | トップページ | 諏訪神社の祭礼 »

2020年9月26日 (土)

とんでもないことに!

午後、市内の滝を見た帰り

滝近くの彼岸花が見たくて

軽トラで坂道を下ると

雨でスリップ

土手にぶつかり横転

Dsc_0045_20200926182301

とんでもないことになってしまいました。

行けると過信すぎた

幸い自分も同乗者もシートベルトをしていたので

ケガはありませんでした。

運転席側のドアーを開けて脱出。

幸いというか近くの太陽工業㈱さんにお願いして

バックホーで起こしてもらうことが出来ました。(感謝です!)

Dsc_0046_20200926182301

そして、起こしてから

エンジンのオイルが廻っているか

ラジエターの水が大丈夫か

アドバイスをもらいチェックすると

どちらも大丈夫でした。

軽トラに乗り

いざエンジンをかけようとするとかかりません。

ここでも電気系統は大丈夫でセルが回らないだけ

押し掛けすればエンジンかかると

運転を代わり見事にかけてくれました。

マフラーからはオイルが廻って白い煙が

しばらくするときれいな排気になり

無事帰宅することができました。

この復旧作業の前には

職員さんが来る前でお茶(コーヒー・栗の渋皮煮・さつま芋)を頂き

お土産(瓶詰の漬物)まで頂いてしまいました。恐縮です!

数日前には車の運転、気を付けないと

言っていたのにこのしまつ!

家に帰り、妻に素直を誤りました!

同乗の人はケガないのか

車を巻き込まず良かったと言われましたが

当分、頭が上がりません!

太陽工業㈱さんには助けて頂き

本当に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

と言うことで

皆さん、車の運転気を付けましょう!

 

 

|

« 内田未来楽校たより第88号 | トップページ | 諏訪神社の祭礼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

近くに知っている方がいて
即、対応してくれたので助かりました。
救いの神様です!
自分の判断が悪かったと反省しきりです。
慎重な運転心掛けます!

>よつはらいたさん
>
>和ちゃんらしくないことになってしまいましたね
>同乗者も怪我がなくて何よりでした
>
>親切な会社が近くに有ってよかったですね
>〇〇〇根さんの会社かな?
>
>自分、昔レビンはひっくり返したことがありますが
>軽トラは、まだ無いです
>和ちゃん、年と一緒で先輩ですね!!
>
>

投稿: 内田の風 | 2020年9月28日 (月) 18時39分

和ちゃんらしくないことになってしまいましたね
同乗者も怪我がなくて何よりでした

親切な会社が近くに有ってよかったですね
〇〇〇根さんの会社かな?

自分、昔レビンはひっくり返したことがありますが
軽トラは、まだ無いです
和ちゃん、年と一緒で先輩ですね!!

投稿: よつはらいた | 2020年9月27日 (日) 20時42分

自分の甘い判断が
とんでもないことになってしまいました。
今日の夕方
助けてくれた太陽工業さんにお礼に行きました。
大きな事故、ケガが無くて
本当に良かったと思います。
これからは気を引き締め
慎重に運転したいと思います。
ご心配頂きありごとうございます。

>タケチャンさん
>
>災難でしたね。
>怪我も無く大事にならなくて良かったです。
>
>私も先日冷や汗をかきました。
>事故では無かったのですが、道路より1.5m低い現場に車を乗り入れ電柱上で作業をしていると、出入り口に敷いてあった鉄板を引き上げに来て、今引き上げて大丈夫かなどと言いつつ剥がしてしまいました。
>私の車を見て、出られなくなりそうだから、滑り止めに小さい鉄板は置いていく、と言って引き上げてしまいました。
>鉄板は一枚、傾斜がきつい周辺と剥がした後は畑の赤土でしたが、なんとか道路へ出られてホッとしました。

投稿: 内田の風 | 2020年9月27日 (日) 17時48分

災難でしたね。
怪我も無く大事にならなくて良かったです。

私も先日冷や汗をかきました。
事故では無かったのですが、道路より1.5m低い現場に車を乗り入れ電柱上で作業をしていると、出入り口に敷いてあった鉄板を引き上げに来て、今引き上げて大丈夫かなどと言いつつ剥がしてしまいました。
私の車を見て、出られなくなりそうだから、滑り止めに小さい鉄板は置いていく、と言って引き上げてしまいました。
鉄板は一枚、傾斜がきつい周辺と剥がした後は畑の赤土でしたが、なんとか道路へ出られてホッとしました。

投稿: タケチャン | 2020年9月26日 (土) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内田未来楽校たより第88号 | トップページ | 諏訪神社の祭礼 »