« アゲハ蝶 | トップページ | 復興とは(2) »

2019年4月27日 (土)

復興とは(1)

2011年5月

職場の有志で

岩手県陸前高田市に

復旧ボランティアとして参加

Dsc_0373

それから八年

報道等で色々と情報は入っていたが

自分の目で復興の様子を見に行くことにしました。

バランティア活動で宿泊した地区にあった

大船渡線 陸前矢作駅

Dsc_0357

Dsc_0369

レールは再び敷設されることはなく

鉄道からバスに転換されていました。

線路敷は一部がバス専用道に

Dsc_0363

Dsc_0361

地域公共交通として

住民生活を支えています。

津波で壊滅した市街地は

山を削り、盛り土しかさ上げする

大規模な区画整理がされていました。

Dsc_0382

Dsc_0385

Dsc_0387

店舗は立ちつつありますが

住宅はまだまだという状況です。

まちの形にするまでには

時間がかかりそうです。

土がむきだしになった姿を見て

真の復興とは何かと考えさせられました。

続きはまた後日・・・

 

 

|

« アゲハ蝶 | トップページ | 復興とは(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アゲハ蝶 | トップページ | 復興とは(2) »