« 乾燥が続いて | トップページ | 畦を塗ってもらいました! »

2018年2月24日 (土)

若山農場を視察

今日は、第2クローバー学園、市原米沢の森を考える会

市原SaToYaMaよくし隊、ソーラーシェアリング縁ga環(エンガワ)

ちば里山バイオマス協議会、内田未来楽校

で構成するメンバーで

栃木県宇都宮市にある

若山農場を視察しました。

Dsc_0049Dsc_0050現在、市内では

手入れをされてない竹山が増え

課題となっています。

そこで、なんとか竹を活用し

竹山の復元、里山の環境改善につなげられるような事は

出来ないかと参加した団体で話を進めています。

そのヒントにならなかと「若山農場」さんにうかがい

これまでの苦労話や筍の商品化について聞くことにしました。

Dsc_0046Dsc_0057Dsc_0059_2農場に着き

早速、筍を加工する秘訣や

製品化の苦労などを若山さんから聞け

参加者からの質問も丁寧に答えて頂きました。

Dsc_0063

お話を聞いた後

農場内を案内していただきました。

Dsc_0087Dsc_0080Dsc_0090きれいに管理された竹林は

とてもきれいで

場内の路を歩くと

竹の笹が触れる音

笹越しの光は新鮮に感じます。

Dsc_0083場内には

始めて見る

金明竹が植えられてありました。

この研修では良く言われている六次産業化の難しさ

様々な個人・会社・団体と連携すること

等々とても勉強になりました。

今後は、この研修を活かし

竹の資源化、里山の環境改善

各団体の連携強化等につなげていきたいと思います。

今回の研修は

第2クローバー学園様から

マイクロバスを提供して頂き実現しました。

Dsc_0040

あらためて、感謝申し上げます。

内田の風















|

« 乾燥が続いて | トップページ | 畦を塗ってもらいました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 乾燥が続いて | トップページ | 畦を塗ってもらいました! »