« 伊丹陣屋のPR活動開始! | トップページ | 色々と忙しかった! »

2017年9月22日 (金)

里の現実!

先日、以前三島会で耕作していた

田んぼがある谷津に行ってみました。

すると棚田の上の方は休耕田となり

道も草が繁茂していました。

Dsc_2251この田んぼは

2014年まで耕作されていましたが

翌年から作付がされず荒れてしまいました。

2013年春の写真を見ると

Dscf38201きれいな棚田が

広がっていました。

今、里では耕作放棄地が増えて

荒廃した風景が広がっています。

これが里の現実です。

解決策はあるのでしょうか?

内田の風




|

« 伊丹陣屋のPR活動開始! | トップページ | 色々と忙しかった! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

田圃の状況 (耕作地・不耕作地)を調べて報告
という取り組みがあるようですね
管理されていない土地は、固定資産税があがるとか

固定資産税がどうのこうのじゃなくて
どうやったら活用できるか
みんなで考えていかなくちゃ

調べて税金上げて終わり、じゃ・・・・・・。

投稿: よつはらいた | 2017年9月25日 (月) 07時38分

土地所有者の意識改革が
必要と考えます。

投稿: 内田の風 | 2017年9月25日 (月) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊丹陣屋のPR活動開始! | トップページ | 色々と忙しかった! »