« 秋のコモウセンゴケ | トップページ | ポポの葉も色づく »

2015年10月23日 (金)

晩秋の里

今年も本傳寺の前に

稲ぶらが積まれました。

Dscf3644里の晩秋には

欠かせないものですね。

でもこの景色はいつまで見られるかな?

内田の風

|

« 秋のコモウセンゴケ | トップページ | ポポの葉も色づく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですね
いつまで見ることができますかね。

ほとんどの田んぼが、長いままで残さないで切っちゃうもんね。

投稿: よつはらいた | 2015年10月23日 (金) 07時26分

ビニールシートを使用していますが、青くないのがにくいですね。ムシロもカマスも縄も使わなくなって藁ボッチ、本当に少なくなりました。
落花生のボッチも、藁でかぶせてあるのはほとんど見なくなりました。みんな「青い雨合羽」を着ています。

投稿: タケチャン | 2015年10月23日 (金) 23時25分

里には藁のボッチがいいですよね!

投稿: 内田の風 | 2015年10月24日 (土) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋のコモウセンゴケ | トップページ | ポポの葉も色づく »