« お会式(えしき)と落語(第10回)の集い | トップページ | 勝虫 »

2014年11月 4日 (火)

進む発掘

Dscf0846 先日、うぐいすラインと県道鶴舞牛久線

の交差点付近で進められている

発掘調査を見ました。

上の写真は居住跡(四角い部分)と説明を受けました。

この居住跡幾重に重なっているようです。

(時代を替えて人が居住していたようです。)

居住跡は遺構の出土品(須恵器)から 判断すると

1600年前ではと?

Dscf0847_2 そして「かまど」跡もありました。

真中に建っているのは須恵器を

下から支えるためにあるそうです。

Dscf0851 また、別の場所では

うつわが見えます。

こうして時空を超えて

昔の人々の生活を垣間見ることができ

なにかロマンを感じました。

発掘調査は今月中旬まで行われるそうです。

内田の風

|

« お会式(えしき)と落語(第10回)の集い | トップページ | 勝虫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

飛鳥時代の前ですか
火を使って、器も使って
どんなふうだったんだろって想像するのも、面白いですね。

投稿: よつはらいた | 2014年11月 4日 (火) 07時18分

このような遺構をみると
内田地区は昔から
住みやす場所だったと思いますね。
自分の地域に誇りを持ちたいですね!

投稿: 内田の風 | 2014年11月 4日 (火) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お会式(えしき)と落語(第10回)の集い | トップページ | 勝虫 »