« 土砂片付け開始 | トップページ | 立派なエンジェルトランペット »

2013年11月 5日 (火)

秋の風景が残った

毎年、秋になると

本傳寺の前に

Dscf7182_2 稲むら

がありました。

しかし

今年は

ブルーシートで

ワラを覆ってあります。

残念ですが

稲むらのある風景は消えてしまうと

思っていました。

数日後お寺の前を見ると

Dscf7247 ありました

稲むら!

内田の秋を

象徴する

風景が

残って

よかったです。

しかし、耕作者の方も高齢化しているので

この景色がいつまであるか分かりませんね!

内田の風

|

« 土砂片付け開始 | トップページ | 立派なエンジェルトランペット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

以前には、どこでも見られた光景が
いまでは懐かしい光景になってしまいましたね。
農家の高齢化はどんどん進み
若い後継者も数が減り
いまある田圃の光景も、しばらくすると
懐かしい光景になってしまうかもしれませんね。

投稿: よつはらいた | 2013年11月 5日 (火) 07時34分

この稲むらがある風景を
大切にしていきたいですね!

投稿: 内田の風 | 2013年11月 5日 (火) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土砂片付け開始 | トップページ | 立派なエンジェルトランペット »