« 通れるようになりました! | トップページ | センブリ »

2013年10月30日 (水)

ヘビとカエル

里の道を歩いていると

Dscf7167 ギュー

という

鳴き声がします。

その音の方を

見ると

なんと

ヤマカカシがカエルを捕らえ

つかまったカエルがギューと

鳴いているところでした!

Dscf7168 小さな

ヤマカカシが

カエルを

くわえて

飲み込もうと

しています。

すごい世界を

見てしまいましたが

これも自然の営みと思います!

しばらく見ていると

ヘビは写真を撮られたりしたので

カエルを放してしまいました。

無事カエルは逃げることが出来ました!

内田の風

|

« 通れるようになりました! | トップページ | センブリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ここにナメクジがいたら
三すくみになったかもね。
でも、ナメクジの粘膜じゃヘビは溶けないよね~~。

投稿: よつはらいた | 2013年10月30日 (水) 07時35分

ヤマカカシは深く咬むと、毒を出すのですよね。
子供の頃は、それを知らなくて、短気なヤマカカシを弄くっていました。
山から背負ってきた粗枝の束の中にヤマカカシが紛れていたこともありました。

毒蛇と分かったのは、確か20年程前だったと思います。

投稿: タケチャン | 2013年10月30日 (水) 22時37分

カエルの恩返しがあるのかなと
考えてしまいましたが
それはないですね。
毒蛇はマムシと子供の頃は
親から教えてもらいましたね。
今はヤマカカシも毒があるとわかり
さらにヘビがきらいになりました。
新聞記事を読んでいたら
猿にヘビの写真を見せると脳が即座に
反応するそうです。
それはヘビが危険と遺伝子の中に
組み込まれているそうで
人間も同じようにヘビをきらうのは
同じではないでしょうかね?

投稿: 内田の風 | 2013年10月31日 (木) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通れるようになりました! | トップページ | センブリ »