« 雨の日曜日 | トップページ | 秋の里道では »

2012年9月24日 (月)

遅い脱穀

土曜日、諏訪神社で土俵づくりをしていると

Dscf2071 神社前の

田んぼで

稲の脱穀

が始まりました。

脱穀は

ハーベスターで

していました。

このような光景は里でも

なかなか見られないので

写真を撮ってしまいました。

里で一番遅い脱穀は

とても懐かしい風景でした。

内田の風

|

« 雨の日曜日 | トップページ | 秋の里道では »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

子供さん?と思われる人が手伝っているのが良いですね!!
機械化で、少人数の稲作になっているので
田んぼで手伝っている子供たちの姿を見ることはなくなってきました。
後継者問題も、出てきそうな気がします。

投稿: よつはらいた | 2012年9月24日 (月) 07時31分

Aさんは田植えも稲刈りも
そして脱穀も
家族総出でやっています。
家族の力・絆が
強いんですね。

投稿: 内田の風 | 2012年9月24日 (月) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨の日曜日 | トップページ | 秋の里道では »