« 大地の芸術祭 | トップページ | イオウイロハシリグモ »

2012年8月20日 (月)

古民家

今月の写真クラブのテーマは

Dscf1277 古民家

でした。

テーマにあった

写真を

どうしようと

考えていた時

隣の町会に

茅葺屋根の家があるのを思い出しました。

Dscf1279 この家は

Kさんの所有で

建築されてから

相当の期間が

過ぎていると

思います。

Kさんは

屋根を

葺き替えたいと

思うが

材料となる

萱が手に入らないと

言っていました。

このような茅葺屋根の家を

保存していくことは大変むずかしくなっています!

この古民家もいつまで建っていられるのでしょうか?

内田の風

|

« 大地の芸術祭 | トップページ | イオウイロハシリグモ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

茅葺き屋根の家、今では見ることが少なくなりました。
昔は部落のカヤ山などがあり、順番に屋根の補修をしていましたが
今では、カヤ山も荒れ放題ではないでしょうか?
土壁に茅葺き屋根、貴重な建物ですね。

投稿: よつはらいた | 2012年8月20日 (月) 07時39分

家に住みながら
管理していくのは大変だと思いますが
なんとか残してもらいたい
建物ですね。

投稿: 内田の風 | 2012年8月20日 (月) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大地の芸術祭 | トップページ | イオウイロハシリグモ »