« 米沢の森雪景色 | トップページ | つらら »

2012年2月19日 (日)

竹林の道

午前中、また石仏がある山道を

歩いてみました。

Img_8642 石仏の写真を撮り

帰りは

いつも歩く道ではなく

真ヶ谷に続く道を

降りてみることにしました。

山から下ってくると

孟宗竹が

密集していて

中には

枯れた竹が

倒れて

歩くのも

大変でした。

そして真ヶ谷と宿の境界あたりに出ると

竹林の中を通り抜ける道にぶつかりました。

山の中を歩いていると方向感覚を失ってしまうので

見慣れた家並みを見るとホッとしました。

内田の風

|

« 米沢の森雪景色 | トップページ | つらら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山の中を歩くと、どこにいるのかわからなくなることがあります
家並みを見つけホッとした気持ち、とってもよくわかります

投稿: よつはらいた | 2012年2月19日 (日) 12時43分

年度末の仕事が忙しく、落ち着くまで、現地歩きが出来ませんので、風さんの投稿が大変参考になります。
実家の本要害の畑は、祖母が他界してからは、あっという間に竹にやられて、霜ごねりと言う柿の木も枯れてしまいました。
そのすぐ上の道も、竹が覆い尽くしていると想像されましたが、正にその通りでした。

投稿: タケチャン | 2012年2月19日 (日) 15時29分

ほんと山の中は見慣れてないので
自分がどこの位置にいるか分かりません。
時々立ち止まり
木立の間から見える景色を確認しながら
歩いていきますがそれでも迷ってしまいます。
本要害ではまだ少し畑が耕作されていましたが
山から下りてくる時は途中に木や竹が倒れていて
迂回しながらやっと畑についたという感じでした。
良い勉強になりました。
内田の風

投稿: 内田の風 | 2012年2月19日 (日) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米沢の森雪景色 | トップページ | つらら »