« 里の初冬 | トップページ | アナログの文字が消える! »

2010年12月 9日 (木)

タンポポの綿毛

道端に

Dscf2986 タンポポの

綿毛が

ありました。

綿毛を

見ると

半分が

飛んでいったようです。

飛んでいった

タンポポの小さな種は

春、新たに芽吹き

種をつないでくれます。

数日後、綿毛は強い風にあおられて

すべて旅立ちました。

内田の風

|

« 里の初冬 | トップページ | アナログの文字が消える! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タンポポの種
うまいぐあいに球状になりますね
あれを見ると
小さい頃の
砂団子作って溝を転がし、ぶつけあい
割れたほうが負け
なんて遊びを思い出します
テリのいい団子のほうが、強かった!!

投稿: よつはらいた | 2010年12月 9日 (木) 07時31分

タンポポの綿毛も
摘んで息を吹きかけて
飛ばして遊んでいました。
子供の頃は何でも
遊び道具にしてました。
内田の風

投稿: 内田の風 | 2010年12月 9日 (木) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 里の初冬 | トップページ | アナログの文字が消える! »