« 天日干し | トップページ | リンドウ »

2009年11月 5日 (木)

昔の風景

原田の本伝寺前にある田んぼには

Dscf5916_2 乾燥した

ワラを丸く重ねた

イナブラがあります。

ここには

昔の風景

残っています。

昔は

どこの農家でも

ワラを残しておくため

田んぼの中にイナブラを造ってありました。

Dscf5921_2 イナブラの周りを見ると

写真のように

水はけを良くするため

溝が掘ってありました。

昔、イナブラを積む時

底の部分にオダガケの竹や木の枝を敷き並べて

ワラが濡れないようにもしたことを思い出しました。

この昔の風景はいつまで見られるでしょうか。

内田の風

|

« 天日干し | トップページ | リンドウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

竹ざおを芯にして
高く積んだイナブラもありました
いたずらして親に怒られたりもしました
昔の風景で
昔を(子供の頃)を、思い出します
子供の頃・・・・、もう昔のことですね!!

投稿: よつはらいた | 2009年11月 5日 (木) 07時22分

そうですね!
竹や木のさおを芯にして
イナブラを作っていましたね。
その技術も
無くなってしまうんですね。
内田の風

投稿: 内田の風 | 2009年11月 5日 (木) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天日干し | トップページ | リンドウ »