« 磨き | トップページ | 市場の花壇 »

2008年11月30日 (日)

米沢森愛唄

今日のお昼、米沢の森に行ってきました。

米沢の森では自然林再生体験が行われてました。

2008113011370000 桜房(さくらぼう)に着くと

米沢の森を考える会の

会員のSさんが

米沢の森の歌

米沢森愛唄

を作ったので

一緒に歌いましょうと

いうことになり

他の会員の方と

歌う事になりました。happy01

歌詞は米沢の森を上手く表現していて

次のようになっています。

米沢森愛唄

一番

一度来て見な この森へ

御十八夜(おじゅうはちや)の 四季の山

春はうぐいす 鳴く音聞く

米沢の森が 待っている 待っている

二番

春は緑の 風の音

耳を澄ませば 河鹿(かじか)なく

遠くそびえる 富士の山

米沢の森が 待っている 待っている

三番

山の男の 集いしょう

深山桜(みやまざくら)の 里の森

行人塚(ぎょうにんづか)の 古道ゆく

米沢の森が 待っている 待っている

という内容です。

2008113012240000 歌まで作ってしまう

米沢の森の人達は

すごいなと思いました。

この歌詞には

すでに曲も出来ていて

お昼休みに

Sさんが参加した皆さんに

お披露目をしてました。

次は踊りが出来そうです!

内田の風

|

« 磨き | トップページ | 市場の花壇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

地元の歌ですね
鶴舞にも鶴舞音頭とかあるし
内田にも歌ができましたか!!
それにしても、二日酔いじゃなかったのが立派!!

投稿: よつはらいた | 2008年12月 1日 (月) 05時07分

ちょっと辛かったですが
なんとか米沢の森に行ってきました。
午前中、我が家の柿の実を採ったので
米沢の森に来た人に食べてもらおうと
背負いザルにいっぱいの柿を持っていきましたが
坂を上がるのが大変でした。
でも皆さん喜んでくれたので
疲れも吹っ飛びました。
内田の風

投稿: 内田の風 | 2008年12月 1日 (月) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 磨き | トップページ | 市場の花壇 »