« 花の通学路 | トップページ | カモフラージュ »

2008年10月 7日 (火)

山の幸

内田の里では山の幸が食べごろを迎えています。

Dscf3123 山すその

里道には

山栗のイガが

たくさん落ちて

中から熟した実が顔を出しています。

Dscf3085 そして

日当たりの良い

土手の上では

手のひら大に育った

立派なアケビが色付いています。

このアケビはもう少しで食べごろを迎えます。

Dscf3080 またヤブの中に

色付いた

山ぶどうの実を

見つけました。

このぶどうはちょっと食べられませんが

鳥たちには喜ばれるのではないでしょうか。

今、内田の里は山の幸であふれています。

内田の風

« 花の通学路 | トップページ | カモフラージュ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アケビは
この週末ごろ
口が開くのかなと
思っています。
そしたら食べに行ってみます。
内田の風

あけび、いいですね~~
自然の味覚ですね!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花の通学路 | トップページ | カモフラージュ »